長く整備事業をしていると たまるものがたくさんあります。
毛利がずっと 言い続けてきていた在庫部品をなんとか販売してほしい・・・
誰も 着手してくれません。
 
 
このたび、そんな 私の課題に 協力してくれる人が現れ 少しずつですが 
表に出すことができましたので 探し物があれば ご購入ください。
 
ヤマト電産さんの Yahoo!ショッピング

弊社にご来店 可能な方でしたら 配送料はかかりません。
また 部品だけあっても 道具や技術が・・・・という方は 弊社にて整備できます。

とても 希少なものも出てくるかと思いますので よかったら 時々 チェックしてみてください。

 

ほんの1例ですが・・・こんな感じの部品があります。
 yamatoautoparts_f001.jpg  yamatoautoparts_f005_1.jpg
フィアット純正アンダーカバーです
純正番号60688897

適応車種は、BRERA COUPE(2005~2010)
159(2005~2010)
NUOVO SPIDER (2006~2008)

未使用ですが、長期保管の為、保護シート(プチプチシート)が劣化しています。
本体は劣化もなく、色剥げもございません。
宅配便大での出荷になります。
個人のお客様は最寄りの福山通運での営業所止めになります。
ご注意下さい。

適合確認をいたしますので、問い合わせより車台番号(VIN)17桁を教えてください。
※適合確認をしないで購入の場合、返品は受けかねますのでご注意ください。
アルファロメオのワイパーコントロールユニットになります。
純正番号(46792175)です。
46549046・60816860の代品になります。

長期保管の為、箱がよごれております。

適合車種は156(2001~2005)
LANCIA LYBRA(1999~2005)

適合確認をいたしますので、問い合わせより車台番号(VIN)17桁を教えてください。
※適合確認をしないで購入の場合、返品は受けかねますのでご注意ください。
 
   yamatoautoparts_f007.jpg    yamatoautoparts_f012.jpg
フィアット純正のアンテナになります。
純正番号(46415116)
適応車種 FIAT 全般

適合確認をいたしますので、問い合わせより車台番号(VIN)17桁を教えてください。
※適合確認をしないで購入の場合、返品は受けかねますのでご注意ください。
 
FIAT純正ロアアームです。
純正番号(7601261)4402672の代替え品
新品ですが開封してあります。

適応車種は、PANDA(85~2003)

適合確認をいたしますので、問い合わせより車台番号(VIN)17桁を教えてください。
※適合確認をしないで購入の場合、返品は受けかねますのでご注意ください。
 

 

 今しがた、平成4年式のアルファロメオ スパイダーのお客様からの電話を受け 山下工場長へ繋いだ。

 私は 入り口のような まぁ 水先案内人とでもいいますか・・・整備に関することは 山下工場長が直接承りますので よろしくお願いします。

 このお客様は 以前 転勤先は富山の会社ということで 弊社のお客様となられ 同じ会社にも数名のアルファロメオオーナー様がいらっしゃるという うれしいご縁。

 前々回は たしかー 富山の会社まできたので 修理に来ましたってことで マフラーの溶接でした。

 前回は 今から そちらへ向かいます!と新潟のインターから 電話をかけてこられたと記憶しています。

 フロントワイパーリンクの修理交換でしたね。

 今日のお電話は 実は 転勤で京都にいまして・・・
 京都で 僕の車を診てくれるお店はみつけたのだけど 
 今回の症状は・・・・(そこでは 難しく・・・)

 それで 電話をかけたしだいで・・・
 
 では 山下に代わりますね。

 なかなか 細かな作業をしてくれる工場がないらしいので このS様のお気に入りは うちの山下工場長!

 たとえば 今日 お客様が話してくださった情報は ハイマウントストップランプが義務付けされたのが 2006年(H18年)からで、 (乗車定員10人未満の乗用車への装備が義務付けられた。)

 H18年以前の車には ついていなくても 車検は通るが H18年以降の車は ランプが切れていたら車検は通らないそうで かれこれ10年で部品の販売も終わると 切れてしまって 純正品の部品がないということで もう走っちゃいけないの?って感じの投稿があってビックリされたようです。

 考えてもいなかったことが そうなんだー!という感じだと想います。

※生産終了となった自動車部品は、法規により明確な部品保管期間(=生産終了から10年間)が決まっています。

 いろんな車の困った!がありますが そんな時、お電話でお問い合わせをいただければ 救いの手となれるかもしれません。

 

少し 混雑が静まったので クーペの整備を再開し始めたようだ。

 これまでの 交換部品をご紹介しますね。

FIAT クーペフィアット ベースグレード ワンオーナー

 

 

9月18日頃から 再度 工場へ運ばれ リフトの所で 

内装が全部 外され 何か始まったようです。

 9月19日 撮影 FBにてUP

 

IMG_6807.jpgIMG_6808.jpg
  
IMG_6809.jpgIMG_6810.jpg
全部外されているフロント部分 
IMG_6811.jpgIMG_6812.jpg

 

整備 第2弾、届いたものは エアコンコンデンサーとスピーカー。


9月24日、今日は 亮くん 珍しくお休みをとり いないのですが 

昨日までの作業をみようとクーペの元へ。
 

IMG_6850.jpgIMG_6851.jpg
全部外されていたフロント部分 
IMG_6852.jpgIMG_6853.jpg
  

改めて 外部の方の弊社の評価を読んでみた。
短い言葉の中に 鋭く端的に弊社の良さを盛り込んで表現して下さっていることに気づく。
 
私も毛利モータースの1員ではあるが どう伝えたら こんな丁寧な整備をしているお店がここにある!って それを欲している人に伝わるのか?私は 作業に関しては 見ているだけの存在で それを宣伝する立場にあって それでも 中からのアピールがなくて だから あるまま 見えたものを 写真で伝えることをやっています。
 
どこのお店でもやっている作業内容ではないことや うまい宣伝は経営者サイドの理想であって現場はやらされているのがほとんどだけど・・・と思う。
 

ありのままを お伝えしております。
今でも このように バラバラにして 整備する車は 時々あります。

 

  フィアット ムルティプラや プント カブリオもそうでしたし アルファ75もでしょうか・・・
 
新潮社さんの ENGINEを 書き出してみますね。
 
 
 2016年6月25日発売 ENGINE08 ㈱新潮社 
連載企画 価格を超えた価値あるクルマを探せ!P126~127にかけての文章に
 
アライ:75のツイン・スパークと155V6は今回のおかずになりそうなモデルですが、
他に並んでるのがクーペ・フィアットとF40という。
 
ワタナベ:しかもこのクーペ・フィアット、20万km超の個体を完全リフレッシュして丸ペンかけて並べてるみたいよ。いくら元が丁寧に乗られてたからって これは店にもお客さんにも愛情がないと成立しない世界だわ・・・。
・・・・・

ワタナベ:この(75)ボディにしても、外装の樹脂部品なんて外してから頼まないと板金屋さんも対応してくれないでしょう。バラシの最中にクリップ折れたとか、シャレになんないし。

アライ:この時代のイタフラですから、樹脂はほとんど粉と化しそうですもんねぇ。

ワタナベ:現役時代に精通していた方でないと、怖くて触れないですよね。

ウエダ:それがですよ。こちらのお店は80~90年代のアルファ・ロメオを新車当時に扱われていたんです。
だから骨の髄まで知り尽くした熟練のメカニックさんもいらっしゃると。

ワタナベ:それは心強い。新車当時は散々バラされただろうし。

アライ:ナベさん、それちょっと偏見入ってません?
 
 
****************************
 
第1弾 整備内容 交換部品
 

 

走行距離 223,971km

整備記録~交換部品その1~

タイミングベルト切れのため エンジン交換
T.ベルト・W/P他 交換
・エンジン(中古)
・エンジンターボチャージャー(中古)
・T.ベルト 
・T.ベルトテンショナー T.ベルセット
・バランサーベルト OEM
・バランサーベルトテンショナー
・バランサーベルトBg
・タペットGK
・タペットプラグGK
・PSベルト
・オルタベルト
・A/Cベルト
・エンジン オイル
・オイル エレメント
・T/Mオイル
・LLC
・ウォーターポンプAssy
・A/Cガス R134
・P/Sオイル
・Rナンバーステイ
・ステアリング(中古)
・Fショックバンプラバー
・クラッチAssy VALEO
・サーモスタットGK
・バランサーメクラプラグ
・ライセンスランプ
・エンジンアッパーロッド
・P/SホースGK
・Fハブロックナット
・アウターブーツキット OEM
・インナーブーツキットOEM
・クラッチAssy OEM
・エンジンアッパーマウント
・T/Mマウント
・ターボオイルドレンホース
・ブレーキマスターシリンダー
・サイドワイヤー
・サイドワイヤー
・Fエンブレム
・シフトノブ 19,200
・メイクメダリオン 2,510
・タイププレート バックドア 40,000
・タイププレート バックドア 40,000
・F/Wウエザーストリップ 38,000
・リアモール 29,600
・ヒーターコア32,000
全塗装
アルミホイール塗装
Fストラットバー塗装

まじめに 1台のクルマと向き合う・・・

整備を終えて お客様と 整備内容を工場長が直接 話す。

横で話を聞いていると 時々 お客様が日頃 気になっていたこまかなところを 直しているらしい。

伝票には 書かれていない 整備士としての クルマにかける愛情か・・・

小さな 消耗部品も 毎月 数万円の支払いがあるが 伝票には書かれていないものもある。

ずらりと並んだ部品取りのクルマたち。いくら 広い敷地があるからって 普通はできない。

ちょっとサンバイザーが折れてしまって・・・

ちょいとそこの畑から取ってくる。

何事もなかったかのように サンバイザーが復活する・・・

これらの部品取りのクルマたちも 実はお客様からのバトンでもある。

もう廃車となるクルマだけど 

毛利モータースのお客様のクルマの1部として再生されるのなら

喜んで提供します。

そんなクルマたちが 誰かの役に立つために 広い駐車場で出番を待っています。

市役所のうちわを仰ぐ人には 

「そんな夢では食べれない」と私たちを冷ややかに叱られたけど・・・

いつでも どんなときでも 誰かの役に立つことをしたいと思う私です。

                        

 FIAT New Panda 4WD LH MT 
IMG_6603.jpgIMG_6604.jpgIMG_6605.jpg
ランチア イプシロン LH MT 
IMG_6602.jpgIMG_6607.jpgIMG_6606.jpg
アルファロメオ147 RH MT 
IMG_6623.jpgIMG_6622.jpgIMG_6621.jpg
 IMG_6632.jpg
VW バナゴン 8人乗り 
IMG_6624.jpgIMG_6625.jpgIMG_6626.jpg
  

 たとえば 左のマニュアル車で コンパクトな大きさに乗りたいと言ったら 車種がぐんと絞られる。

 バナゴンは 8人乗りのAT車。

 どの子も 希少な車になってきているよね?!

2016.9.3

夏の間にいろいろ新しい計画を練っていて 少しずつ動き始めています。

古いパーツの販売も 共生する形で専門業者さんと掘り出ししようとしています。

毛利が 何年もの間、誰かやってくれって言っていたことなのです。

眠っているものをいかします(生かす・活かす)

古い車のパーツを探すのって 本当に大変。知識がない+販売していない・廃盤・・・

また ネットのお店が生まれたら お知らせしますね。

何気なく検索をしたら アルファロメオの歴史がヒットしてきたので メモとして記しますね。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/ibf-shop/alfaromeo/alfa-history.html

また 車検や車の販売についても 協力する形で 新しい取り組みをはじめようとしています。

どんな展開になるのか 未知な世界ですが 私にできること 今 燃焼中です。

ひとつの大変な重圧があると もしかしたら 静かに生活しているときより より多くのことができるのかもしれませんね。

IMG_6611.jpg

 

たばこの販売の権利取得も 「毛利がたばこの展示をしたい」

そう言い出したから 正当に展示するために 取得しました。

きっかけは単純なことですが 簡単に申請できるわけではないこと。

協力してくださったカルロス川島さんに感謝です。

カルロスさんは 以前 城川原のお店で イタリアをテーマにした葉巻の紹介のディナー会をされた方で 弊社のHPで紹介したところ 何人かのお客様が参加されたときに アルファ156をお貸ししたご縁がありました。

この本もカルロスさんがつくっているそうです。

HPの更新がおろそかになっていますが FBとグーネットの弊社のページの更新をしていますので よかったら あちこち みてください。

FB https://www.facebook.com/株式会社毛利モータース-1601426426793296/?fref=nf

グーピット...
http://www.goo-net.com/pit/shop/1166066/top

グーピット レビュー
http://www.goo-net.com/pit/shop/1166066/review

株式会社毛利モータースの評判・口コミ
http://www.goo-net.com/user_review/1166066/detail.html

 

ページトップへ