2016.08.23

 

 

 

IMG_6539.jpg

台風も過ぎ去ったと思ったらまたですかね?

今回は 富山では特に影響が最小限だったので 無事で感謝の気持ちで 青空を見上げることができます。

とはいえ 屋根が飛んでいった家やケガをされたという報道がありましたので 災害にあわれた方はお気の毒です。リオでのオリンピックが終わり、日本でのカウントダウンが始まっていますので どうか天の神様、日本を災害からお守りくださいと祈らずにはいられませんよね。

今日 76歳の誕生日の母。一人暮らしをしています。最近、ボケてきたかもしれんわーと悲しい事を言うようになって・・・まだまだ 元気で生きていてほしいと願う我儘な私です。生きていてくれれば 心の安心があります。HAPPY BIRHTDAY MOTHER!

 

車の仕入れを勉強中・・・弊社のお客様の望んでいる車種はいったいどの車なのでしょうか?


車検入庫時や整備でご来店の折に何となく伝わってくるのは 
「乗り換えの時期にはきているけれど次に乗りたいと思える車がない」ということで
「整備をしてとりあえず次の車検まで考えよう」・・・と思いつつ
やはり次の車検がきても次の車が思いつかない。
追突事故で廃車となったお客様ともお話していますが そういう大きな出来事が目の前にないと踏み出せない買い替えのようです。
外国では 10万キロからが本調子!
20万キロ、30万キロ超えての走行というのが珍しくないらしい。
走る距離も日本のように狭いところをチョロチョロっていうことではなく 
でっかい大陸をビューンって走っているからだろうとは想えます。
日本では4年後のオリンピックに向けて政府の新たな古い車に対しての制裁も予想されますが 
政府ともし神様というものがいたとしたら 
物を大切にするということは決して間違った考えではなく
おもてなしと古いもの(教えや物・人)を大切にするという心は大切にしなければならないことなのだ。
ただ環境問題があるから古い車をとりあえず日本国内から排除しなければという
「ちょっと何でもかんでもではないのだから条件つけてほしい」と心の中で叫ぶのは私だけでしょうかね?

車も成長して 壊れない工夫もされて 完成された時期を越したのではないでしょうか?
この先の車は ある時期までは 不具合や故障が少なくできている。
でも もし電気製品と同じように 7年経ったら 壊れるように仕組まれているとしたら・・・
ちょっと前のテレビや洗濯機や冷蔵庫は なかなか壊れず ただ「電気代がかかるから 買い換えたほうがいいですよ」と言われたことを思い出した。

「安いにはわけがある」
あるチェーン店の車が安いのは 九州や東北の水没車を修理して販売しているからだって聞いてビックリしました。安いにはわけがあったのね。
車検整備の価格争い、私はそれがわからない。というより 弊社では採用できないと思うのです。山下工場長の整備に対する姿勢は 昔ながらの教えをしっかり手抜きすることなく行っていることをみていると 時間短縮だとか薄利多売は強いれないからです。
たとえば 「弊社に車検で入庫する車はきれいにして出す」という姿勢があります。それを他の人にも言ってはみたけど うちの会社は安いのだからそこまではできない。そう言って弊社の方針には従ってもらえなかったことがありました。時間が余ってデスクでPCを触って遊んでいることはおそらく他の店ではよくある風景だと知りました。あれが普通の人なのでということをみてきましたが 真似をしようとは思わなかったです。
きちんと整備するということは 掃除も洗車も含めてお客様が自分ではできないことを代わりにするのだろうなって思います。弊社でお預かりする車たちは時々 中も外もきれいになるからたとえ2年に1度の入庫であっても2年分リセットされるのできれいな車たちです。まれに初めて入庫する普段から手入れもされていなさそうな車にビックリすることがあります。それでも外を隅々まで洗ってもらって中は掃除機をかけて水拭きされてフロント前に並ぶと見違えるようにきれいな姿になるからそれはそれでうれしい気持ちになります。
車検の時に掃除してもらえないお店も増えているようです。娘もダイハツのディーラーですらそうだったと教えてくれたというかぼやいていたことを思い出します。

車の仕入れについて教わっていた時に 安い車には何かあるから避けた方がいいと言われ 目から鱗でした。価格の決め方がわからなくなります。
なかなか正直なお店が少ないからなのでしょう。正直にやっていて損をするとは思いたくはないのですが 世の中がおかしいのかいろんな人がいるから仕方ないと思わなければならないのが残念ですよね。楽して儲けている人がいるのも事実ですが 私の目指していることとは違うようなことに気づきました。・・・1度嘘をつくとさらに嘘をつかなければならなくなるのは嫌ですよね。正直に接していたら正直な人がまわりに集まると想えるから私はそうありたいです。
人が喜ぶことをしたい。喜びの輪をつくりたい。商売の鉄則でよく目にすることですが 本当に心から実行できている人は少ないのかもしれませんよね。現代では 現実と理想の壁はあるのも事実です。
「夢では飯は食えない」と叱責された時 とても悲しかったし 夢があるから叶える為の勇気にもなっている私ですから。お客様に喜んでもらいたいって思うことで使命感も生まれて仕事が仕事でなくなる・・・使命になったのかな・・・

 

アルファ75(1992年位)までが 車らしい車といえるとして その後 アルファ155からは電子制御の車となった。フィアット500、アルファMiToあたりからエコな車や電気自動車が現れた。

ちょっと前の完成した車だって 車齢13年を越えても 元気に走行できている。
電子制御された車も コンピューターや部品の供給があれば まだまだ大丈夫。

エコな車、燃費がいいと競うあっている現代の車たち。
板金で直すのではなく 部品交換するボディ。
高年式な車の税金が高くなった。ガソリンの税金や重量税も自動車税も高くなった。
乗り換え推進する政府。滞納を許さない体制。
いろんなものに 脅かされるストレス社会ではあるけれど
青い地球を守るため 自動車は古いままでも 他にできることで がんばろうと思う。
そして 心も晴れ渡っていたいと思う。

夏季休業のお知らせ

平成28811日(木)(山の日)~17日(水)までの間は お盆休みとなります。

 

休み中の対応について

8/11・12・13・16・17は 休業中ですが

AM10:00~16:00まで

急患の方の対応が可能かもしれません。

8/14~15は山下不在となります。

 

 

 

季節のご挨拶

SKMBT_C22416080417160_0001.jpg

人生には 最大のピンチもあれば チャンスに変えることもある!

 昨日は もう投げ出したいくらい 疲れ果てた自分がいました。

 あることがきっかけで 先月はかなりピンチに陥り ごはんも食べれなくなっていました。

 そんなところに お客様が自分で作ったなすを持ってきてくれて 漬物にしたら ごはんと漬物は食べれるのが不思議でね、

 苦境の中 今日 誕生日をむかえ 昨日から兄や母が、そして個人のFBにはお祝いのメッセージが届き びっくり、感謝感謝!

 昨日 いつものたなべ接骨院へ行ったら 院長先生が初めてマッサージをしてくれて

 それがまた神様からのプレゼントに想えた位 痛みが消えて そしてお腹が空いて夕飯が食べれたのがありがたかったです。

 そんな風に みんなから元気をいただいて またもうひとがんばりできる私がいます。

 そして またチャンスもGOOさんからいただいての 皆様へのレビュー投稿 ご協力のお願いです。

 弊社のPRをする機会がGOO-NETにあります。

 もし書いていただけるなら 弊社の魅力を書いていただけますか?

 GOO-Pit北陸より レビュー → レビュー投稿 http://www.goo-net.com/pit/shop/1166066/top

  

 私は 20年近く主婦をしてきたので自動車を知っているわけではありません。

 それでもそんな私がこの毛利モータースで働くことができるのは 温かなお客様のおかげです。

 そして 毛利モータースに携わってきた先代-2代目、社員の人たちの基礎がしっかりとあること、

 JU富山さんや富山整備振興会さんなどとの繋がりで教えていただいたり助けていただいたりできたおかげ、

 取引業者さんが私たちの影の力となり仕事をしてくださったり 部品の供給をしていただけていること、

 1度 苦境になると簡単に回復できるわけではありません。決して楽に過ごせるわけではありません。

 努力をしなければ信頼を回復したり 信頼を得られるものではありません。

 5年が経過し まだまだ0にはなりませんが この先の5年に繋げるためにも 今の決断が次の10年へのバトンとなると想うのです。

 先日から 会社の方向性について いくつかの提案があり 最初は薄利多売でやっていくと言われました。

 毛利モータースを頼ってきてくださっているお客様のお車は 決して簡単な作業ではありません。

 その作業と平行して 数を増やして利益を追求する方法は どう考えても やってきたことややっていることとは別の世界です。

 1台1台とじっくり向き合い作業しているから 伝票には書かれていない、お客様と作業した者だけが気づいている整備がきっといくつもあると想います。

 最初入庫された時にお客様からのオーダー以外に 追加の作業があった場合は 作業した者が気づいて 不具合を指摘し 交換させていただいた部品ということもあると想います。

 先日の「ENJIN」の取材を受けられたのも 「価格を超えた価値ある1台を探せ」というテーマでの整備工場探しの中古車取材班の目にとまる何かがあったからでした。

 必死にやっている私にはわからないことを 弊社のお客様ならば肌で感じていらっしゃることがあるかもしれません。

 せっかくいただいたキャンスを活かすために 私は思い切って動こうとしています。

 薄利多売を私は断りました。もし私の考えが違っていたら 私の思いは通じなくなります。今は自力で 私たちがやってきた車検点検整備のやりかたで集客しないとシステム化されてしまいます。

 1台1台と1人1人と向き合い丹念な整備。乗り換えをすすめるのではなく この先の車検まで安心してお乗りいただくための整備。

 マニュアルに書かれている通りの車検ではなく 交換すべき部品の見極め。

 安さを売り物にはしません。しかし高額な代金ではありません。20年以上 前から変わらない金額です。

 正直にまっすぐに 車と向き合う整備です。

 I LOVE MOURI 私はこの会社大好きだから・・・

 ここにいます。

 

ページトップへ