2013.06.22

 今日は すごい雨でしたね。
そんな中でも ご来店 頂き ありがとうございました<(_ _)>

愛しいDinoとの別れの日6.20 
IMG_1379.jpgIMG_1396.jpg

 いつも 力をくれていたDinoが オーナー様のご都合で 横浜へと旅立っていきました。

 いつも近くで見ていたのに 運ばれていく姿がまた美しく シャッターを切りました。すると 乗りたくないよ~ぉと言わんばかりに なかなか 定位置につきません。それをみて また 愛おしさが増しました。生きているみたいだと感じた瞬間です。

 

 いつもありがとうございます<(_ _)>

 早速、除草についての私の悩み(?)について 貴重なアドバイスを頂いたので お裾分します。

 困ったら 農家に聞け!と題して。

 草刈り機という たまに 目にする縦型の器具。
 今 ここにあるのは 円形の ギザギザの歯のもの。
 これを外して ひも状のアタッチメントを付けると アスファルトの細い隙間にはえている草も簡単に手早く刈れるそうです。しかし 小石や土を飛び散らしながらの作業になるので 弊社のような 車の展示場での使用は車を全てどかしてから行わなければならないので 簡単ではないという。

 そこで 除草剤という手を 教えてもらいました。
 タッチダウンという3千円(1ℓ)くらいで Muや農協等でGETできるらしいです。
 水で薄めて 噴霧器で散布できればよいのですが じょうろでまくことになるでしょう。

 1週間前に 手で除草したはずの 場所には もう 緑緑の草が伸び やれやれ(-_-;)と思った今朝の事、
早速 良いアドバイスが聞けたので 後は実行するだけ!

 いい話や ふと頭に浮かんだ事は 即実行!しないと 忘れていってしまいます。
 
 ザ ペッツのHPで 質問した 憧れの車について 早速 返事をいただいたので それを書きましたのでチェックしてみて下さい。また 書き込み頂ければ うれしいです。

2013.06.06

 時間がない!というのは 言い訳だと 気付いた。

草むしりという 冬が終わり 暖かくなると 伸び出す草花。
5月頃から 草むしりが 始まるのだが、

朝は お茶を沸かし 掃除等で 時間まで 焦りながら 車内を 走り回り、
9時半から10時までの 朝礼。

5月頃 寝ていても 除草のことが なぜか頭をよぎり 4時起きで早出をして 草むしりをしようかとも考えた。
しかし 帰ってから シャワーと朝食作りと掃除と片付け・・・いわゆる 女の仕事と 身支度・・・

できないまま やっていない事が 重くのしかかった。
そんな時 ふと
今ならできる!そんな時間があったのだ。
お昼休み。以前は 電話番の交代要員がいないため へばりついていなければならなかったが
サービス部のみんなが休憩&食事を 1階の自分たちのデスクで摂るようになったので 
15分は 離れられる。

そして 日中ですが ゴム手袋をして 手を保護して 半分のスペースの歩道と 駐車場の真ん中の溝のあたりの1列を2日間で 抜ききり OK!

半分の展示場は タクトさんという 別の会社が 使用しているため その部分は 伸びたまま。
しかし 毛利に言わせると 他の人は ここを 毛利モータースだとみるだろう。
半分も やってくれよ

その後 太地は 朝の朝礼までの時間、横の部分の草むしりを 続けていました。
そこで また ふと ひらめいた!
時間がないのは 言い訳!朝、5分だけなら 時間がある。
手早く 回収して 洗って・・・その後 5分だけ 長く伸びた草を むしろう。
2日 5分だけでも かなりの収穫。

今日 みなさんと 共感したかった事 まとめますと
本当は 忙しい時程 いろんな事 たくさん やってしまっていたってこと ありますよね。
気付いた時 ちゃちゃっとしておかないと スケジュール的に忙しさのあまり 忘れてしまうから。

みんな 同じ1日24時間。その24時間の使い方は 千差万別。
提案として 1日のうち 5分だけでいいから 時間を ひとつ 何かの為に使う。
できないと あきらめないで。

今 毛利は 1日3分をウォーキング&3分 休む。これを 1時間から2時間 続けています。
丘のような所でさえ 上がれない、平坦な道も 歩けなかった時期もありましたが
松井秀喜さんの国民栄誉賞が よほど 心に響き 心に 変化を与えて 元気にしてくれました。

まだ 転倒の恐れはありますが 朝礼が出来る程 よくなってきています。
会社にくるということさえ できなかった日もありましたが お陰様です。
お客様が 来てくれるから 山下工場長も 私も どれだけ 励まされたかしれません。

いつか 老後にでも 何があったか 本でも出せばよいでしょうか、本当に あり得ないことを体験しました。
そこで 唯一 諦めませんでした。気持ちが 気持ちを 動かしたのかもしれません。
どうしたら出来るかという事を 考えます。

ページトップへ